老後 FX

老後の生活資金は貯蓄と投資で準備!FXは資産形成に人気!

当サイトではゆとりある老後の生活資金を形成する為の情報と老後の資産を形成する為にFX(外国為替証拠金取引)を利用した投資術をご紹介していきます。

 

ゆとりある老後を過ごすには退職時、定年時、自営業の方なら引退時に>老後資金として1億円程度が必要と試算されています。(しかも、公的年金以外に・・・) FXをマスターすれば老後資金に備えた一億円の貯蓄も夢ではありません。FXは株式と違う税制がありますので、FXと株式投資を組み合わせた投資戦略を考えましょう!

 

老後に働けなくなったとしても、インターネットやパソコン、スマホとFXのノウハウがあれば、引退後、体力を使わずに短時間でそれなりにお金を稼ぐことができる可能性がとても強くなります。

 

当サイトは20代、30代、40代から老後の生活資金の貯金&投資をスタートさせ、現状維持の生活を目標に老後を過ごすことを目標とすると同時に、仕事をリタイヤしたり、病気や怪我、定年後に働くことができなくなった場合でも、今のうちFXで生活費を稼ぐことができるようになっておくことをオススメしています!

 

 

目標:老後の生活資金1億円を貯める為の3ヶ条

仕事や副業で世帯所得・給料を増やす

家計のムダを省き、節約分を貯蓄に回す

一部を投資などで運用する。(元本保証と積極運用)

 

やはり今の生活を維持させながら、世帯の所得・給料を増やし、ムダを省いた上でFXなどの投資で資産を増やし、引退後の生活費も稼げる手段を確保しておくことが大事なのです!

老後の生活資金は投資でしか準備できない!投資の勉強をはじめよう!

一番重要な点は「投資で資産形成を進めるしかない!」という点です。世帯の所得アップを目指すことが大事です。ただお給料での貯蓄は大事ですが、低金利時代の今、貯金だけではインフレにも勝てませんし、将来が不安です。

 

ですから、やはり「投資」をすることが大事です。私は「老後の生活資金確保の為の投資は何から始めればよいか?」といわれたら「株よりもFX(外国為替証拠金取引)」と断言します!

 

FXは外国為替相場を利用しますので、円高ドル安などなじみ深い外貨預金投資の延長なのでわかりやすく、また24時間取引可能です。また、株のように儲ける銘柄を選ぶための知識もほとんど必要ありません。ドルと円、ユーロと円の取引だけで充分に毎月数十万円の収益を上げられます。なにより投資としてはとてもシンプルでわかりやすいので株式投資などの練習にもなります。(もちろんFXのみ充分、老後資金は確保できるほど魅力的な投資です。)

 

老後の資金確保のために何か投資をしたいとお考えの方はFX投資をご検討することをオススメします!

 

株よりFXの方がオススメ!

FXは株と違い、2国間の通貨為替レートのみに注目していればいいのである意味シロウト、初心者でもわかりやす投資なのですね!!「外貨預金」を知っていれば「FX投資」の基礎はバッチリです。為替売買の基本は、「安く買って高く売る」「高く売って安く買う」の2つです。 「買い」からでも「売り」からでも取引ができます。しかし、初心者のトレードは安い外国通貨を買い、高くなってから売ることからはじめるのが無難でしょう。

 

株式投資とFX投資の違い

株式投資

FX投資

株の銘柄が多い。(どの株が儲かるか判断基準があり、選べない)

円/ドル、円/ポンド、円/ユーロなど二国間の為替相場のみでわかりやすい。テレビなどで情報も身近。

売買手数料が高い。

売買手数料が安い。(無料または数銭程度)

株は買いが基本。株の売りは「空売り」が必要で難しい。

買い、売り、どちらからも簡単にできる。(例:ドルを買う、ドルを売る)

欲しい銘柄の株が買えない、売れないときがある。(株数の限界、人気株で余りがない)

いつでも好きな通貨を資金体力に応じて好きなだけ購入できる。

ストップ高、ストップ安、倒産のリスクがある。

国の通貨なのでストップ高、ストップ安がない。世界中が参加している為替相場なので通貨が買えないことがほとんどない。

株式配当、株主優待はほぼ一年に1回または2回。

スワップポイントによる金利収入を毎日発生することができる。

現物株を買うことが多い。また株式の信用取引は保証金の3倍が限度。

高いレバレッジ(1〜400倍など)が掛けられる。レバレッジに対してストップロスの安全対策が充実もしている。