FXとは

FX(外国為替証拠金取引)とは?

FXとは証拠金(保証金)をFX業者に預託し、主に外国為替の差金決済(安く買って高く売るetc)による通貨売買を行なう取引のことで、日本円やドル、ポンド、ユーロ・・と様々な通貨での取引が可能となります。

 

初回預入金額も10万円前後や、売買単位も1万単位などと小さくなり、少額の資金で投資できるようになってきており、主婦からサラリーマンまで、気軽にネットでトレードでき、今日では人気の高い投資となっています。

 

FXでの為替売買の基本は、「安く買って高く売る」「高く売って安く買う」

FXでの為替売買の基本は、「安く買って高く売る」「高く売って安く買う」の2つです。※外貨預金の場合は、「安く買って高く売る」のみです。

 

FXは「買い」からでも「売り」からでも取引ができます。株の「空売り」とは違い、簡単に「買い」も「売り」も可能です。基本的には1万通貨単位での取引となります。レバレッジを掛ければ少ない金額からでも取引が可能です。

 

FXは「買い」からでも「売り」からでも取引といいましたが、言い換えると「円高ドル安」の状況でも、「円安ドル高」の状況でも、稼ぐことができるわけですね!「円高ドル安」のトレンド(相場の流れ)なら円を売ればよい(円を100円時点で買って、95円時点で売る。)ですし、「円安ドル高」のトレンドなら円を買えばよい(ドルを95円で買って、100円で売る。)わけですから、どちらの方向に為替相場が動いても取引ができます!

 

慣れるとわかりますが、外国為替相場が「円高ドル安」の状況でも、「円安ドル高」の状況でも取引が出来る状況はいつでも相場に参加して利益を得られる可能性があるということですから、外国為替でデイトレードをする方にとってFXは非常に魅力的な投資方法なんですよ♪


FX投資の魅力はなんといっても「レバレッジ」

FX投資の魅力はなんといっても「レバレッジ」です!!単純な説明をすると1万円の利益がでるFXトレードにおいて「レバレッジ」が100倍の設定をしていたとすると「100万円」の利益となります。

 

レバレッジ=取引金額÷証拠金(入金している額)

例)10万円で1万通貨を扱う場合・・

「1万通貨(約100万円)」÷「10万円」→ 約10 →レバレッジ10倍(元手の10倍)の取引をすることを意味します。このレバレッジはFX業者で最大レバレッジの限界が違います。

 

50万円の元手があれば、レバレッジ10倍の設定で500万円の金額に匹敵する外貨の売買が可能になりますので数円の為替変動で数万〜数十万円の利益がのぞめます。チャンスと考える投資にレバレッジを掛けること利益を数倍にできるわけですね。(株の信用取引に似ていますね。)