老後の為にもFX投資を覚えよう!

サラリーマン世帯、平均年収世帯の家庭が普通に生活していくなかで、貯金のみで老後の生活資金を貯めることはもはや不可能に近いものがあります。

 

「収入は減り、出費は増える」時代になってしまったのです。また銀行に貯金をしても低金利で利子収入は見込めません。現金貯金のみでは限界があり、またインフレ(物価が上がる)が進めば現金の価値は減ります。

 

年金に加え、音楽や書籍による著作権・印税収入や役員報酬、株式の配当収入、不動産収入などが老後の生活を潤す方は別ですが、老後にゆとりと安心感を持って生活するには「今持っている資産を増やしていくための投資術」をマスターするしかないわけですね。

 

当サイトでは老後資金形成の為と老後、年金以外の収入手段として「FX(外国為替証拠金取引)」による外貨投資をマスターすることをオススメしています!なぜなら手軽で株よりわかりやすい投資だからです!

 

FX(外国為替証拠金取引)は円高のときでも、円安のときでも、外国為替相場のトレンド・流れによって「買って売る」「売って買い戻す」というどちらの方法でも注文ができますので、どのような相場でも利益を上げられるのです。

 

以下に円高ドル安時のFX取引の例を見てみましょう。

 

円高ドル安トレンドでFXで収益を上げる例

例えばアメリカドルを(1$=115円)で「売り」、円高の(1$=110円)で「買い」戻せば、「5円」の差益を得られます。1万ドル(1$=115円→10,000$=1,150,000円)売っていれば、(1$=110円)の買戻しで(1$=110円→10,000$=1,100,000円)で利益は50,000円です!

 

※FXでは1000通貨、10000通貨で売買します。少額からはじめる場合はレバレッジ(倍率)を利用して売買します。

上記例は円高ドル安(ドルからみて円の価値が上がっている)状態でFX投資で「円を売る」取引をした例です。上記のようにFXでは「円高ドル安トレンドならば外貨売り・円買い取引」、「円安ドル高トレンドならば外貨買い・円売り取引」という取引をすればよいわけですね!要は「円安」でも「円高」でもFXであれば稼げる取引ができるということです!(株式投資の売り「空売り:カラウリ」は難しいですからね・・・。)

 

以上のように「円高ドル安」などの円高が続く状況でも相場次第で利益を上げられるFXは株式投資に続く、手軽で比較的わかりやすい投資方法として人気です!

 

もちろん私もFXで資産形成すべく、コツコツ投資を実行中です!ネット銀行などで外貨預金、外貨投資をするよりは「FX取引」で投資をする方が利益を積み上げることもでき、何より手数料が格段に安いので、オススメですよ!